MENU

輸入車初心者が読んでおくべきベンツ・BMW・アウディなどの王道輸入車徹底比較

輸入車初心者が読んでおくべきベンツ・BMW・アウディなどの王道輸入車徹底比較

ボーナスで給料がアップしたら何か買いたいと思う人は少なくないでしょう。

また、毎日の節約や投資などで使えるお金が増えたら…輸入車の購入を考える方も多いはずです。

もし、お金に余裕ができて車を買い替えたいと思っているなら!

今の車を外車に買い帰るタイミングかもしれません。でも外車といってもいっぱいありますよね。

ベンツ、BMW、ポルシェ、アウディなどなど簡単には決めることは出来ないと思います。ではそこで、どんな車があって、どんなスペックを持つのか、王道入毛輸入車であるベンツCクラス・BMW3シリーズ・アウディA4を詳しく話していきます。

メルセデス・ベンツCクラス

ではメルセデス・ベンツのCクラスを見ていきます。

Cクラスにはセダンとステーションワゴン、クーペ、カブリオレがあり、FR(フロントエンジン後輪駆動)としてBMWの3シリーズと比較されることが多いです。

エンジンは、ディーゼルの2.2リッター直列4気筒ターボ
ガソリンのパワーの異なる2リッター直列4気筒ターボ
ガソリンの1.6リッター直列4気筒ターボ

がラインナップ。

他にはハイブリッドや高性能バージョンAMGがあります。

ベンツの他クラスに比べてボディが小さめに作られているので日本人に合っていて、車体の大きさを把握しやすいです。

外装はベンツらしさのあるシンプルで微妙にカーブしているラインが特徴的です。Sクラスと見間違えるほどのデザインで、フロントマスクの部分がSクラスに比べて少しシャープになっています。

フロントグリルには、ベンツの象徴であるスリーポイントテッド・スターが中心に配置してあり、最新のLEDヘッドライトが先進的な印象である。

次は内装です。派手さよりも上質さを重視しています。

黒を基調とした内装は、

シルバーで縁取りされたシックなパネル類
レザー製ステアリングホイール

からさりげない高級感が出ています。疲れにくさと適度なホールド性で定評のあるシートの出来は最高峰です。

ベンツは安全性が高いことで有名で衝突予防には前方後方に6つにミリ波レーダー、双眼鏡のようなステレオカメラが設置されていて、歩行者も認知して自動ブレーキがかかるようになっています。

BMW3シリーズ

次にBMWの3シリーズです。BMWの中で最も人気が高く、販売台数が多いです。

3シリーズよりサイズが大きく、ラグジュアリーな

5シリーズ
7シリーズ

などありますが、多くの方が求めやすい価格で、日本で扱いやすいサイズであることから人気であります。

1シリーズも人気が高くなってきましたが、ドライビングの魅力やラグジュアリーさ、同乗者の快適さ、荷物の積載性などをトータルで見ると3シリーズが最もバランスが取れているかもしれません。

3シリーズの中には

セダン
ツーリング
グランツーリスモ

の3モデルがあり、BMWは伝統的にセダンに強いメーカーです。

セダンとツーリングはCピラー(リアウィンドーの両脇にあるルーフを支える支柱)より後ろのデザインが違うだけで、ボディサイズやホイールベースは同じです。

グランツーリスモは2モデルと比べて

全長で200mm
ホイールベース110mm
全高が70mm大きく

安定した走りが楽しめます。

セダンとツーリングは

全長4625mmで
全幅1800mm
ホイールベース2810mm

となっています。

3シリーズのインテリアやエクステリアの使用の差は、グレードや選択するデザインラインによって違っていて、

ホイールサイズ
サスペンション
ステアリングやシート

に至るまで専用装備が設定されていてBMWらしいドライビングを楽しみたい方におすすめです。

エンジンの選択肢も豊富で、

320i、328i、335iのガソリン車
320dのクリーンディーゼル
セダンには335iに代わりアクティブハイブリッド3

があります。

ガソリンエンジンの比較では320iと328iが話題になります。

328iの方が60馬力ほど出力は上ですが、320iの方がエンジンが元気だと感じると思います。

これは是非試乗してみてください。また320iにはxDriveという4輪駆動の選択肢があり、雪道や凍結路での運動性能や安心感も非常に高いです。

ライバル車比較

3シリーズを購入するにあたって、お客様が比較検討しているのは、

ベンツのCクラス
アウディA4
レクサスIS

です。

このライバル車と比較してBMWを選んでくれるポイントは一貫して走りにこだわり抜いてきた「究極のドライビングマシン」や「駆け抜ける歓び」です。

運動性能の高さだけではなくて、車を操る面白さも存分感じられます。

足周りとボディ剛性の高さ、そのバランスにこだわり続けてきています。

滑らかに回るエンジンが話題になることが多いのですが、そのパワーを受け止める足回りやボディへの信頼感の高さもBMWの特徴です。

アウディA4

アウディの顔とでもいえるA4は日本インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞の実績を誇っています。

A4のスペックは

小排気量の1.4Lエンジンで150ps
2.0Lのクアトロで252ps

と、約100馬力差があります。その分価格差も150万円あります。

アウディの標準装備の

パイキセノン・ヘッドライトは

道路を照らす明るさ
優れた均質性
そして広い照射範囲

が特徴。

この特性はメインヘッドライトのロービームやハイビームそしてオールウェザーライトに採用されている耐久性の高いガス放電技術に由来。

ステアリングホイールに施された14のマルチファンクションボタンで車載インフォテインメントを簡単に操作できます。

高さとリーチは調整可能で、フルサイズエアバック搭載です。

アウディは曲線を多様したデザインが目立つようになり、堅いイメージのあるベンツやBMWと違って、都会的で若者向けのものになっています。

この独特の方向性を持ったデザインこそアウディの特徴であり、ブランドイメージです。

アウディは走りを重視した設計であり、特にラリーで培われた技術を織り込んだ「クワトロ」と呼ばれる4WDシステムはアウディの代名詞で、走行性能も高さ、特に

高速走行時の安定性
クワトロシステムの走破性

などが特徴です。

サスペンションやシートの堅さなどのセッティングも多少スポーティな味付けのものが多いです。

マニュアルトランスミッションの変速を自動化したDCT(デュアルクラッチトランスミッション)に力をつけていいます。

機構はマニュアルなのに変速はオートマと同じという技術で

走行性と燃費
便利さを両立した技術の高さ

が売りです。

アウディは同クラスの国産車と比べると輸入車なので割高ですが、同じ輸入車のベンツやBMWと比べると多少価格が安く購入しやすいメーカーです。

しかし、ステータス性はイマイチで、中小型車を得意としていたため、完全な高級車メーカーという印象が薄いです。

輸入車は国産車に比べてくる車の故障が多いと言われていますが、アウディはトランスミッションと電気系統の弱さが私的されています。

主にギアシフトが出来なくなったり、警告灯がついたりすることがあります。こうしたトラブルは輸入車には起こりやすく、トラブルの修理の際に修理費が高いのがデメリットではあります。

結局どれがいいの?購入ポイントまとめ

ここまで3つのメーカーの比較を説明してきたと思いますが、魅力が伝わっただけで決まってないと思います。では、どれがいいのかポイントを押さえていきます。

・予算
・デザイン性
・どれぐらい走るか
・安全性

まず予算を決めます。

値段はアウディA4が安く、とにかく輸入車に乗りたい方にはおすすめです。デザイン性については、人それぞれの好みがあるので、実際に見て選んでいただいた方がいいと思います。

どれぐらい走るか、これはドライビングをもっと楽しみたい方には重要なポイントです。

走ることにこだわり続けているBMW3シリーズをおすすめします。最後に、安全性です。これは、自動ブレーキも充実していているベンツCクラスをおすすめします。

ポイントを押さえていけばどんな車に乗りたいかわかるはずですよ。